格闘技、プロレスなどについてが主な話題です。(最近再就職しました)
プロフィール

  • Author:井上みる子
  • 20代・女性。長らく失業しておりましたが、おかげさまで近頃再就職致しました。
    別にミルコのファンという訳ではないです。

カテゴリー
最近の記事
おすすめ本

私が助けられた本です。 失業してる方・退職希望の方は立ち読みでもいいから読んどくと役に立つと思います。

おいしい失業「バイト生活」マニュアル

おいしい失業「スクール生活」マニュアル

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --】 // スポンサー広告
 ジャンクSPORTSに美濃輪と桜庭が出演してました。先週の予告では、美濃輪出演だけがフューチャーされてたのですが桜庭も出ててびっくりしました。サクより美濃輪がフューチャーされちゃうのか!フーン…。
 内容は大体このような感じです。

◆富士山では高山病にかかることが目的(ヘブン状態に近いらしい)で行ったらしい。
◆けど帰ってから動きすぎて熱が出ちゃったらしい。
◆キン肉マンっぽく試合前はいつも牛丼食ってたのに前の試合前では親子丼食ってしまった。ミステイクだった。(だから負けたとでも言いたげ)

 やっぱり高山病ネタは使うのですね!転んでもただでは起きませんね。ていうか華麗に起き上がるために転んだんですよね?
 あと、以前は「試合前は必ずカレー食う」って言ってたと思うのですが。今はカレーじゃなくて、牛丼でもなくて、親子丼なのですね?キャラ作りも試行錯誤の連続なのですね?

 井上は、美濃輪については「やっぱり多少キャラは作っているのであろうな」という認識なのですが、それでもやっぱり彼が好きです。
 彼は女性に凄ーくモテるだろうなーと思います。何と言うか、ある特定のジャンルの女性をひきつけそうなオーラが出てます。ダメなヤツなんだけどどうしてもキライになれないオーラ…ヒモ男オーラ…みたいなかんじの…。顔も男前ですしね。

 そしてカード発表はまだないですが彼はやっぱり男祭りに出場するそうです。テーマは『爆風…20台最後の挑戦』だそうで…。フム、相変わらずのナイスセンスなのです。
 でもって、サクの「見に来いやー」はサムすぎて見に行くきもちが凍り付いてしまうので、無理して言わなくってもいいですヨ!
 最後に死ぬほど頭の悪そうな美濃輪のブログにリンクしておきます。いつの間にやらオフィシャルサイトが立派になってますね。前のダサいサイト好きだったのに…。よーそろー…。
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

【2005/11/28 Mon】 // 格闘技 // トラックバック(2) // コメント(6)
 テレビを付けたらジャンクSPORTSに片桐はいりが!良く見たら五味隆典が!出演していました。「片桐はいり 五味」で検索してみると結構似てるって言ってる人が多くて笑いました。やはり誰もが思うのですね。安心しましたヨ。私なんて二人を判別できないですからね。
 私は人の顔を認識する能力が低いらしく、たとえば格闘家ではファブリシオとピーターアーツの区別が付きません(色で判別している)。あと、マイティモーと戦闘竜とコニタンの区別も付きません(色も同じだから全く判別できない)。
 話がそれましたが、そういう訳でジャンクSPORTSを見たわけです。予想通り肌寒いトーク!彼、マイクも寒いですからね。要約すると以下のような話をしてました。
・以前、高校生に美濃輪に間違えられてキレたらしい。
・眉毛のお手入れは彼女がやっていたらしい。
・太眉の方が評判がいいので、最近は眉毛の手入れはしてないらしい。
 わー。どーでもいぃー。最後に五味だけ男祭りへの意気込みを言わされてましたが、言わされ感ありありの模範解答をしてました。よくできました!
 そして来週のジャンクSPORTSのゲストは美濃輪だそうです。ドンミスイット!
 こんな調子で、年末の男祭りの宣伝のために毎週ジャンクに選手が出たりするんですかね。それならマッハも見たいな!そんなことよりそろそろ職に就きたいな!

 本当は今日はK1の感想を書こうと思っていたのですけど、武蔵カラエフのあまりな判定に怒りを通り越して猛烈な睡魔に襲われたので、最後まで見られませんでした。ので書くのをやめます。武蔵負けたなら見ればよかったな~。

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

【2005/11/20 Sun】 // 格闘技 // トラックバック(1) // コメント(10)
 しばらく書かないうちに大晦日に向けて続々とマッチメイクされ始めました。

◆秋山vsホイス…
 秋山は初めて本格的に総合の強豪と対戦ですね。とはいえホイスも年だし曙(…)以来試合を組んでないみたいですから今となっては強豪と呼べるか微妙ラインかもしれません。秋山がなんかの拍子に勝っちゃったら最高にイヤですね。
 私は意味なくパウンドにこだわっちゃう秋山が超キライなので、もし私がマッチメイカーならば秋山にはハリトーノフをあてて大阪ドームを阿鼻叫喚のるつぼに陥れたいと思います。そんでその後ジョシュを連れて来て「キサマニハ、ジコクスラ、ナマヌルーイ!」と言って貰う。
◆ボビーvs曙…
 これは究極のカードですね!視聴率取れればいいんじゃい!という割り切りがたいへん潔いのです。視聴率最優先なら、これはたった一つの冴えたやり方なのでしょう。私も文句言いながらも見ちゃうと思います。
◆吉田vs小川決定!
 ボビー曙と同じく視聴率重視のカードと思いますが、もし同じ時間帯に放送してたらこっちを見ると思います。試合内容に過剰な期待は出来ないかもしれませんが、やっぱり見たいです。
 吉田はヒョードル戦の噂がありましたが、そんな馬鹿げた試合全く見たくないので小川戦でよかったです。
◆中村vs近藤、瀧本vsボビーの師匠
 榊原氏は「日本人対決は分かりやすいから大晦日向け」のような趣旨のことを言っていましたが、中村近藤じゃあお茶の間に訴えかけるものがないのでは…。ていうか瀧本菊田なんてさらに全然見たくないですね。日本人を出せばいいってもんじゃないのでは。

◆その他うわさ
 ・田村桜庭
 ・ミルコハント
 ・シウバアローナ
 お祭りなのでミルコハントは立ち技ルールがいいなあ。じゃないとミルコはジョシュ戦のときのように「意味なくテイクダウン→ぽこ!ぽこ!(力ないパウンド)→判定ミルコ…」っていうかんじになりそうですし…。

 吉田小川決定と同時に、大晦日地上波放送決定したようなので、おそらく今回は会場には足を運ばず、こたつで観戦と思います。いつもよりチケット高いし…。でもミルコハントが本当にあるなら、行こうかな!

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

【2005/11/16 Wed】 // 格闘技 // トラックバック(0) // コメント(2)
 同じ言葉を何度も繰り返すと意味がわからなくなって来ますよね。あれ?アフロ…アフロ…ってなんだっけ?アフロとは!モハメド・ヨネのことです!
 ノア「3rd GREAT VOYAGE’05」試合結果
 さて、井上は11/5、大きなたまねぎの下で方舟に乗りました。初ノア観戦であります。ノアは全然詳しくないのでとっても僭越なのですが、ワタクシの好みでMVPを選出してみました。素人意見として聞き流してください。

MVP No3:鈴木みのる
 リングイン直後の挑発、退場時のイス投げも魅せます。張り手の応酬とかも良かった。憎憎しい表情が最高にいいなあ~。
MVP No2:佐々木 健介
 中嶋にいい格好もさせてあげながら、見せ場はきちんと魅せ、試合後の握手もドラマティック!いい音出してるチョップの打ち合いも魅せる!試合後四人が最敬礼し合う姿はちょっぴりサラリーマンの挨拶みたいでおもしろおかしかったですけど。
MVP No1:モハメド ヨネ
 合体ダイビングローリングサンダー最高にカッコイイ!チョッピリ大味な感じはしますが、みどころを魅せようと言う情熱が感じられました。無駄にアフロにしてませんね。激しく受ける→決める、というスタイルも私は好きです。試合後の彼のコメント「今日は対戦相手だけではなく、ほかの試合とも戦わなくてはいけなかった」。これいいですね。このような心意気はプロ・レスラーとして素敵だなあと思います。
ワースト1:スコーピオ
 痛がり方も技のかけられ方もオーバーアクション?かけられてやってるんだぞ俺は!というかんじ。さらに観客への押し付けがましいパフォーマンスも人一倍。あんまり好きなタイプじゃなかったですね。
オマケ:天龍源一郎
 ハッスルドラゲーノア、三日連続の試合ではさすがにお疲れだったんですかね。立ち上がる動作だけでもフツーに「あっ、腰イタそー」ってかんじで。元気な姿が見れただけで満足ですがもう無理はしないで欲しいのです。正直言って彼への尊敬はやや減じました。しかし社長の動きも何か変だった?天龍三沢は期待外れて微妙な試合でした。
 初めての方舟旅行の感想ですが、試合展開も大会全体のリズムもいいし、ファンの熱気(ほぼ満員だった)もいい感じだし、下手なリアルファイトの大会(PRIDE30とか)よりは確実な楽しみを得られますね。田上勝利後の客席全員総立ちにはびびった!たじろいだ!新日では今、そのような盛り上がりは考えられませんね。1月も方舟に乗っちゃおうかな!それまでには職に就いちゃおうかな!

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

【2005/11/06 Sun】 // プロレス // トラックバック(3) // コメント(8)
何か懐かしさのようなものを求めて、ノアのリングに上がったことは確かですよ。天龍源一郎。

 今週のゴングの表紙の天龍は関西のオバチャンみたいですね。ヘアスタイルのせいでしょうか、うちの母親にチョッピリ似ているなあ…あっ、ちなみに井上は母親似ではないのです!
 さて井上は天龍がすごく好きです。あの牝牛のような乳、つぶらかな瞳。全てが愛おしいのです!「究極のやつ」を見せるために、あの年で躊躇いなくオオハヤブサになれる天龍が好きです。長州はハッスルでもしぶとくど真ん中なのに…!
 なのでゴング表紙の満面の笑顔なんて永久保存モノなのです。ちなみに冒頭の一文はゴングのインタビュー記事から抜粋しました。「何か懐かしさのようなものを求めて、(全日から派生?した)ノアのリングに上がったことは確かですよ。でも俺がセンチメンタルになってもしょうがない、全日は俺がいなくなってから変化し続けてきたんだなあー」のような流れで。ノアのリングに立ってちょっぴりセンチメンタルになってしまう天龍にしみじみします。
 そんなわけで天龍VS三沢のためだけに11/5武道館に見に行くことにしました。タイガー三沢時代以来の一騎打ちとのことで、非常に楽しみであると同時にしみじみとしてしまいます(井上はタイガー三沢時代の戦いを見ていませんが)。いつか鮨処しま田にも行ってみたい。そんで日本酒天龍を飲みたい。そのために早く職に就きたい。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

【2005/11/01 Tue】 // プロレス // トラックバック(0) // コメント(8)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。